FC2ブログ
当店のことだったり私の趣味を書いていきます。     03-6410-9453 dai3nokukan@me.com

みなさん、こんにちは!
最近めっきり冷え込んで、寒い日が続きますが
いかがお過ごしでしょうか?

年末まであと10日。
忙しい人もそうでない人も、体調管理を整えて
めでたく正月を迎えましょう!!

さて今回のブログの話題は、映画です。
ルームロンダリングという今年夏に公開された
日本映画。

私はDVDで見ましたが、とても面白かったので
ブログの記事にしちゃいました!

あらすじは、主人公八雲御子(20)は5歳の時、
と別れて祖母に育てられます。
その祖母も18歳の時、亡くなり天涯孤独の身に・・・

かと思ったら、母の弟、つまり叔父さんの悟朗が突如現れ
御子の面倒を見てくれることになります。

不動産屋を営む叔父は、怪しいビジネスにも手を出しています。
それは死人が出た物件を取り扱う、いわくつきの処理。

叔父は御子にその物件に引っ越すよう、毎回促します。
からもらったアヒルのランプが光ると、なんと
そこで亡くなったが現れ、御子と鉢合わせる。

御子は、が見えるのです。
成仏できず彷徨ってる霊をいくつも見てきた御子は、
無関心。

趣味の絵を描いたり、が見えない体で過ごします。
しびれをきらしたたちは、御子に話し興味をそそろうとするが
無関心。

どうやら御子の幼いころのトラウマが、固く心を閉ざしたよう。
はたして御子は、ちゃんと「生きる」ことができるのか?
の行方は?

とまあこんな感じです。
見た感想は、すこしSF、すこしドラマチック、すこしミステリアス
がちょうどよくブレンドされて、見応えがありました。

正直あんまりきたいしてなかったけど、少しも飽きることなく
見ることができました。

ラストの全部分かる感じ、シックスセンスを彷彿とさせます。
クレジットも凝っていて、最後の最後まで楽しめる作品です。

今年の最後に超名作に出会えたことを感謝しています。
みなさんもよかったら、年末年始のお休みにぜひご覧ください。

おすすめです!




スポンサーサイト

【2018/12/20 15:26】 | 未分類
トラックバック(0) |